『生コラーゲン』ってどんなもの?

最近話題の『生コラーゲン』。

 

“生”の“コラーゲン”と言われると、それだけで素晴らしい効果を発揮してくれそうな気がしますよね(笑)

 

生コラーゲン入りの美容液なんて言われたら説明も聞かずに飛びついてしまいそう…(´∀`;)

 

私自身、お肌のハリ不足が気になるお年頃。
藁にも縋る思いなので、生コラーゲンに興味津々なのです。

 

では生コラーゲンとは具体的にどのようなものなのか?

 

早速調べてみたところ『生コラーゲンとは肌の中に存在するT型コラーゲンと同じ構造を持つコラーゲン』のことを言うのだそうです。
*I型コラーゲン=体内のコラーゲンの中でもっとも量が多く、保水力に優れた物質。

 

生コラーゲンは三重のらせん構造を保ったままの成分なので、一般的なコラーゲンよりさらに多くの水分をつかまえることができる、というメリットがあるわけですね◎

 

そしてお肌の潤いがUPすることで肌本来のバリア機能も高まり、ハリUPも期待できる…と。

 

なるほど、これが生コラーゲンの力。
確かにハリ不足に悩む私が使っても嬉しい効果が見込めそうな予感があります。

 

ただし、やはり過剰な期待は禁物。

 

そもそもコラーゲンというものは、そのまま肌内部のコラーゲンとして働いてくれるわけではないので、その点はちゃんと冷静になっておきたいですね◎

 

しかもいくら分子量が小さいコラーゲンでも、お肌に備わっている免疫システムによって角質層より深部への浸透はブロックされてしまうんだもの。

 

お肌の潤いを高めることを目的とするなら、生コラーゲン配合の美容液などを使うのも効果アリかもしれませんが、ハリを高めることを目的とするなら、コラーゲン生成に働きかける成分(ビタミンC誘導体やレチノールなど)を配合した美容液を使った方が手っ取り早いかもしれませんね。


【効果アリ?効果なし?】コラーゲンドリンクを飲むメリットとは

『コラーゲン含有食品を摂っても美肌効果を得ることはできない。』
このような話を耳にしたことがある方も少なくないのではないでしょうか?

 

お肌に様々なメリットをもたらしてくれるコラーゲン。

 

でももし、この話が本当ならコラーゲンドリンクを飲んだりコラーゲンの粉末を摂取するメリットがなくなってしまいますよね(・ω・`;)

 

では実際のところはどうなのか。

 

実は、数年前までこの情報は栄養学や医学の世界でも常識とされており、コラーを経口摂取しても美肌効果は得られないと言われていました。

 

ですが、コラーゲンの研究・開発が進む昨今ではその見方に変化が出てきており、その常識も徐々に変わりつつあるのです◎

 

事実、コラーゲンを摂取することで角質の水分量上昇が認められたり、シワ改善効果が実証された、といった研究結果が世界各国で発表されているんですよ〜(´艸`*)

 

ただしここで重要になってくるのがコラーゲンの種類です。

 

コラーゲンと一口に言っても、種類によって分子量が異なり、吸収率にも違いが出てきてしまうため、その点をしっかり押さえた上で商品を選んでいくことが大切です◎
*分子量が小さいほど吸収しやすくなる。

 

ちなみに効果的とされているコラーゲンの摂取目安量は、美肌効果を得たい場合で5g、骨や関節への効果を期待する場合で10gと言われています。

 

コラーゲン含有食品を摂ることのメリットが否定されていたのはもはや過去の話。

 

お肌のうるおいやハリを守るためにも摂っておいて損はないと言えそうですね♪